某地方ナンバースクールを目指して

2017年1月、我が息子は某地方公立中高一貫校の受検にチャレンジしましたが、願い届かず。地元の中学校から県内トップクラスの高校を目指しております。

恐れ多くもm(_ _)m

現在、小学校六年生の息子と小学校一年生の跳ねっ返り娘がいる、某地方3流大学卒業の父です。。。ちなみに、嫁さんも同じ大学出身です。


で、まず我々が住んでいる地方ですが、中学は地元の中学校に進んで、高校は公立の進学校に進学するのが王道みたいな地域です^^;


そんな、地方でもここ数年で、公立の中高一貫校が開設されました。と、まぁ、ここまではいいのですが、父である私はこういう中高一貫校が開設されたなんて、一年ほど前までは全く知りませんでした(汗。
嫁さんは存在は以前から知っていたようですが、うちの子供たちには縁がないと思っていたらしく、そんな話題は会話の中では全く出てきませんでした(汗
まぁ、息子自身も同級生にはそういうところを目指している子が何人かいるっていうふうにしか思っていなく、受検するなんて考えてもいなかった一年前ですw


一年前ですらこんな状況ですから、普通に考えたら中学受検するなんてはっきり言ってかなり出遅れているというか、間に合わないんじゃないでしょうか^^;
そもそも、受検勉強を開始した時期が5年生の2月中旬からで、チョボチョボと算数ドリルだったり、国語のドリルだったり、教科書準拠の理科・社会のワークを一日1時間とかやり始めていたのですから、他の受検生と比べたらはっきり言って天と地の差くらい学力の差がありましたw


その時期から、現在に至るまで様々なできごとがありましたが、少しづつ記録していこうと思います。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。