某地方ナンバースクールを目指して

2017年1月、我が息子は某地方公立中高一貫校の受検にチャレンジしましたが、願い届かず。地元の中学校から県内トップクラスの高校を目指しております。

導くことができませんでした・・・

皆様、沢山のアクセス誠にありがとうございます。


お察しの方々もいらっしゃるかと思いますが、


1/14に第一志望の合格発表がございました。


結果は・・・ 不合格  


息子はもちろん、私も合格を信じておりました。


しかし、無常にもご縁が無かったという結果になってしまい、


昨日は息子はもちろん、私も相当凹んで、ブログを書く気にも


なれませんでした。



未だに、何故?


という考えばかりが浮かんできて、


息子も何でだろう・・・・


と、いう言葉しか出てきませんでした。


昨日、通知が届いた時に中を開けて見た瞬間に、


しばらくの間、何も考えることができませんでした。


何回見ても、何回読み返しても、私たちが希望する文字が


どこにも書かれていませんでした。


息子を合格に導けなかった・・・


その責任はこの私にあります。


私を信じて頑張ってくれた息子にかける言葉が、


全然思いつかなかった。


かろうじて、出た言葉が「仕方がない」の一言しかありませんでした。


私の力不足で、このような結果になってしまって、


「仕方が無い」で息子は納得できるはずはありません。


といいますか、私も納得できません。


息子の日々の努力を見てきただけに・・・


私の考えが甘すぎたとしか今のところは考えることができません。


ただ、今度の火曜日に得点の開示に行ってまいります。


そこで、何かしらの結論が出せるかもしれません。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。