某地方ナンバースクールを目指して

2017年1月、我が息子は某地方公立中高一貫校の受検にチャレンジしましたが、願い届かず。地元の中学校から県内トップクラスの高校を目指しております。

力が足りなかった。

先ほど、得点の開示に行って参りました。


適性検査Ⅰは6割弱、適性検査Ⅱは5割弱、


作文も5割弱、ということでした。


問題の相性等も考えられますが、


書いた答えが学校が求めていた答えと


違っていたのだと思います。


その違いは記述力の差だったり、


問題文を読んだ時の捉え方だったり、


国語力の差が関係あったのかもしれません。


恐らく各教科5点位ずつ点数を取れていれば、


届いたのではないかと思います。


タラレバを言えばどんなことでも言えますので、


往生際が悪くなってしまいます。


結果を見た限りでは、ほんの少し力が足りなかったと


結論づけて次に向けてと考えております。


既に息子と話をしており、次は近い目標として、


地元の中学校の一番最初の定期テストでは、


学年でトップ10以内を目指すということになりました。


中学受検組以外にも、優秀な子供は沢山いるので


簡単ではありませんが、高校受験に向けて始動を始めました。


遠い目標で、県内のトップクラスの公立高校を目標とすることに


なりました。


とりあえず、今回はこのへんで・・・



それと、皆様沢山の励ましのコメント本当にありがとうございます。


それらを読ませていただき、どれだけ前向きになれたことか。。。


本当に感謝しております!!!!



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。