某地方ナンバースクールを目指して

2017年1月、我が息子は某地方公立中高一貫校の受検にチャレンジしましたが、願い届かず。地元の中学校から県内トップクラスの高校を目指しております。

自分の受験の時より凹んだのです

親子共々、なんとか立ち直ってきたわけですが、


あの時の心境を書く事にします。


あの通知を受け取った直後は本当に何も考えることができませんでした。


ただ、その日のうちに済ませておかなければいけなかった用事があったので


嫁さんと出かけることにしました。


車中ではほとんど話ができなかったのですが、


一言だけ


私:凹むなぁ・・・


嫁さん:うん・・・・


で、会話が終わりました^^;


家に帰ってきてからも


私:なんでだろう・・・


嫁さん:なんでだろうねぇ・・・


こんな、会話しかできませんでした^^;


二人共、夜まで思考停止状態だったのですw


しかし、段々と様々な考えが出てくるようになり、


考えれば考えるだけ凹みが大きくなってきました。(・・;)


そんな、合格発表の夜、私の両親と少し話をしました。


息子の様子はどうだとか、


そんな感じの話をしていましたが、


「受検した息子よりも、親である私の方が


落ち込んでいたりしてね( ̄▽ ̄;)」


と、私の母がボソッと言いました。


その時私は、自分が高校受験で落ちた時より


凹んでいるのに気が付きました(; ̄ー ̄A


それほど、息子の受検に力を注いでいたのかもしれません。


いくら、私が勉強しなかったと言っても、


受験の2、3ヶ月はそれなりにですが勉強を


していたつもりでした。が、


それほど思いは強くありませんでしたが・・・(; ̄ー ̄A


そんな、自分の時より凹んでいる私に、


母は、「あんたにはどれだけガッカリさせられたかわかんないよ❗」


との、とどめの一撃が(/o\)


私は、「その節は大変失礼しました( ̄▽ ̄;)」


と一言。


この会話を息子と嫁さんに話をしたら、


二人で大爆笑しやがった。。(〃_ _)σ∥


私をネタに笑えたのだから、


ま、良いかと思った私でした(;A´▽`A

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。