某地方ナンバースクールを目指して

2017年1月、我が息子は某地方公立中高一貫校の受検にチャレンジしましたが、願い届かず。地元の中学校から県内トップクラスの高校を目指しております。

つかれちゃったのかな・・・

先週の火曜日から、体のダルさと微熱で学校を休んでいた息子なのですが、


いつもお世話になっている小児科へ金曜日に行ってまいりました。


3日経過しても、ダルさと微熱が改善されなかったので、念の為


嫁さんが連れて行きました。


すると、診断結果が・・・


起立性調節障害との診断結果が出ました。。。


主に成長期に見られる症状らしいのですが、


自律神経の発達が体の成長に追いつけなくなると


なりやすいそうです。


それと、息子の場合は疲れが溜まるとなりやすいのかも


と言われてきました・・・


受検勉強を続けてきて、そのプレッシャーに耐えながら


本番に臨み、それで合格というものが得られたのであれば、


報われたのでしょうが、結果は努力の甲斐もなく希望する結果に


ならなかったのもあったのでしょう。


張り詰めていた所に不合格というショックが加わって、


今回の症状が出たのではないかと思っております。


まだ、まだ、本人は心の底から出た結果に納得していない模様で、


未だに「なんでだろう」と考える時があるそうです。


ひょっとすると、中学校の入学式が終わっても忘れられないかもしれません。


中学校の定期テストや部活でヘロヘロに疲れないと忘れることができないかも


しれません。


なんとか、ここを乗り越えて欲しいのです。


挫折を活かすかどうかは本人次第なのですが、


なんとか、私もフォローできるように様子を見ていたいと


思ってます。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。