某地方ナンバースクールを目指して

2017年1月、我が息子は某地方公立中高一貫校の受検にチャレンジしましたが、願い届かず。地元の中学校から県内トップクラスの高校を目指しております。

一緒に勉強する

本日の息子は、塾の通常授業で帰りは7時半くらいになりそうです。
嫁さんが「車で送って行くよ」って言ったら、「今日は自転車で行くから~」
と言って出て行ったそうです。
確かに勉強ばかりでは、体力がつきにくいですよね。
冬に向けて少しは体を動かして、少しでも風邪の引きにくいように体力をつけて
もらいたいものです。
ただし、子供の健康管理や精神状態の管理は私たちが注意深くする必要がありますね。
風邪や怪我をしないよう見ておきます!


昨日の夜は、私が仕事から帰って来た時には、先日の公中模試のⅠの解き直しは、嫁さんと一緒にやって終わってました。
そのあとは、自分で学校の宿題やら塾の宿題を片付けて、休憩を挟んで算数の勉強をしていました。
速さと比の問題です。速さの問題は頻出問題となっているので、ここは今一番力を入れているところです。
適性検査の問題はそれほど、難解な問題ではないのですが、単純な物を色々と重ね合わせた問題のように感じます。
時間をかければ解ける問題だと思いますが、時間制限があるので解ききれない場合もあるのではないかと思います。
こういうのは、すばやく条件を整理していかなければごちゃごちゃになって、
頭がショートしてしまいますねw


息子がやっている問題集をちょくちょく拝借して、私も勉強しております。
ただし、その問題集の解説以外の解き方も研究しながらやってます。
というのも、一緒に勉強していて息子が引っかかった時に、すばやく理解してもらえるようにしたいからなのです。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。