某地方ナンバースクールを目指して

2017年1月、我が息子は某地方公立中高一貫校の受検にチャレンジしましたが、願い届かず。地元の中学校から県内トップクラスの高校を目指しております。

毎日が壁だった気がします①

丁度今から1年前は、中学受検へ向けて教科書ワークや、


塾の基本的な問題集を息子がやっていた時期でもあります。


そんな、基本的な問題集でもサクサク解ける問題ばかりでは


なく、解けない問題も沢山ありました。


解けない問題が増えてくると、私の解説も増えていくので、


次第に寝る時間が遅くなっていっておりました。


本当でしたら、10時には寝せてあげたかったのですが、


11時を回ることもしょっちゅうで、少々寝不足の時もありました。



そうすると、息子も段々ときつくなって来た模様で、何とか楽に


ならないかと考えたのでしょう。


一番楽な方法・・・、そう、答えの丸写しです。 ハァ・・(ノω=;)


ある日から、妙に課題の点数が良くなってきたのです。


おお!これは凄いんじゃないの?(ノ゚Д゚)ノオォオォ


と、喜んでいたのですが、ある時、私や嫁さんが答え合わせする時に、


定位置に置いてあった答えの冊子が無いのです。


え?何で?と探しても見つからず、嫁さんと探している間に


息子が風呂に入り、母の勘なのでしょうか、息子の机の引き出しを


開けてみたら答えが入っていたのです。ハァ・・(ノω=;)


それを、息子に聞いてみたら、自分で答え合わせやったんだ。アセアセ(; ̄ー ̄)


との返答があり、そこで嫁さんと私はピンときました。


最近の調子の良さはこれか・・・と。 _ノフ○ グッタリ


そして、まだシラを切る息子に、じゃぁ、これから今までやったところ


もう一度復習しようか!最近やってるし、殆どできていたから


楽勝だよな!と言ったら、自信満々に良いよ~との返答が。


これで、全部しっかりできていたら、疑って悪かったと言う準備は


しておりました。


そして、問題を解いた結果・・・案の定以前の出来に戻りました。_ノフ○ グッタリ


どういうこと?


と息子に聞いたところ、忘れちゃったみたい・・・


と言ったのです。


一回で出来た所を間違えたっていうのは、あんまり考えられないよね?


と私が言うと、うん・・・


答え見ながら写したの?


・・・うん・・・


どうして?


早く終わりたかったから・・・


やっぱ、そうか。早く終わらせてテレビ見たかったか?


うん・・・


なぁ、息子。中学受検ってお前の人生でチャレンジできるのって


たった一回だけなんだぞ。


それとも、受検諦めて勉強やめるか?


この言葉を言うと、息子は毎回やめないと言っていました。


恐らく、途中でやめる事が悔しいのと、学校でも何か言われる事にも


抵抗感があった為かと思われるのです。


と、言いますか、ここで息子にやめる!と言われてもやめさせるつもりは


全くありませんでしたw


私はとても諦めが悪いのですw



またまた、長くなってしまったので続きは次回に m( _ _)m

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。