某地方ナンバースクールを目指して

2017年1月、我が息子は某地方公立中高一貫校の受検にチャレンジしましたが、願い届かず。地元の中学校から県内トップクラスの高校を目指しております。

中間テストの結果

息子が初めて挑んだ中学校の中間テストでしたが、


結果は可もなく不可もなくと言ったところでした。


私としては塾で言われた480点台を叩きだして欲しかったのですが、


息子は完全に甘く見ていたようです。


結果は100点無しの5教科452点でした。


点数だけ見れば、どの教科も90点前後でしたが、


ケアレスミスが多すぎましたorz//


それだけで、5教科で20点は損をしています。


それも含めて学力なのですが、相変わらず答えが分かっているのに


正解を解答欄に正しく記載していないものがあり、それで✖をもらったり


目を疑ったのは社会の問題で、息子の頭の中ではこの地球には太平洋が


存在せず大西洋が2個あるんだという解答を見てしまったことです。


さすがにこれにはガックリときました。。。


小学校の時何をやっていたのでしょう。。。


息子も答案が返された時、この自分の解答を見て流石に凹んだみたいですが、


一番自信のあった社会で100点を取れなかった事に非常に苛立って


おりました。


私は息子に学校で渡されたワークだけだと恐らく90点が良いところ、


後はハイレベルの問題集をやらなければ100点は厳しいぞと言ってきましたが、


ワークをやったのみで大丈夫だと思ってしまった息子はそれ以上をやりませんでした。


どうして?と聞くとやれる時間が無かったとの答えが!


そんなはずはないのです。時間は充分にありました。


それを生かさなかったのは息子本人です。


点数を取っている子はやっているのです。


だから、点数を取れているのです。


そんなに勉強しないでも、点数を取れる子はひと握りの子だけです。


息子が集めた情報を聞くだけでも、480点以上取っている子は7・8人は


いるそうです。


今回の成績では、学年順位は約190人中30番台がいいところでしょう。


このままでは、目標とする高校はちょっと厳しい・・・



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。