某地方ナンバースクールを目指して

2017年1月、我が息子は某地方公立中高一貫校の受検にチャレンジしましたが、願い届かず。地元の中学校から県内トップクラスの高校を目指しております。

ゲームに例えて

息子と受検について色々と話をしますが、
受検をゲームに例えるときがあります。
例えば、偏差値をロールプレイングゲームの主人公のレベルとして、
ラスボスをドラクエ3のゾーマとして、それを第一志望校にします。
ゾーマを倒すには(合格するには)レベル(偏差値)をあとどれくらい
上げれば倒せるか、今の偏差値じゃバラモスを倒すのがやっとだとかw
子供に分かりやすいように、興味を持てるようにどういう風に話をするか
考えております。


私も息子もゲームが大好きなのですが、今は二人共ゲームを
封印しております。
テレビもほとんど見ておりません。
情報はネットや新聞で済ませております。
これが、良いか悪いかわかりませんが、息子から「テレビやゲームの誘惑に勝ちたい!」
と以前言われて、それ以来電源コードを全て抜いて封印してしまいました。

そうしたら、私は読書や子供の問題集を解いたり、息子は学習時間が増えました!
しかし息子も勉強だけではやっぱり。。。ということで、私が購入している
科学雑誌のニュートンを良く読むようになりました!


でも、受検が終わったらPS4のウイニングイレブン買って二人で対戦するという約束を
しております。
コテンパンにやっつけてやるつもりです。
一切手加減はしません。←大人気ないですねw





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。