某地方ナンバースクールを目指して

2017年1月、我が息子は某地方公立中高一貫校の受検にチャレンジしましたが、願い届かず。地元の中学校から県内トップクラスの高校を目指しております。

親が凹む

今日は月曜日で塾の授業が無い日です。
心なしか、息子は少しのんびりモード  
こんな感じですw ⇒ (●´ω`●)


月曜日なので、仕方がないかと・・・・とは思いません ٩(๑òωó๑)۶ オコダヨ!
ちょこっと、気合注入!! (゚∑゚(○==\(^∀^ ) ← ってなことはやってません


まぁ、デザートタイムが終わってから、机に向かう癖がついてるので、
今日のこれからのスケジュールを聞きました。
私:「これから、何をやるつもりだ?」
息子:「国語をやらなくちゃいけないんだけど、
中高一貫テキストの実践編の長文の問題やるよ。」とのこと。
私:「時間を決めて問題をやるんだよ~」
息子:「へぇ~い」← 気合のない返事w


恐らく、一番嫌いな国語を自分からやると言ったのは、先日の塾内の模試の
点数が原因じゃないかと思われます。
70点代後半では、偏差値50がいいところだからです。


ちなみに、以前書いてましたが国語・作文は嫁さん担当で、
算数・理科・社会は私が担当です。
私も嫁さんも、模試の成績で自分の担当の教科の点数が悪いと
凹むのです。
ただし!!!絶対に息子のせいにはしません。
お互いに教え方が悪いのかなぁと、考えなければいけなくなります。
そのようになってくると、参考書や問題集を引っ張り出して、
私も嫁さんも勉強することになるのです。


恐らく、息子も私たちのこういう姿を見て机に向かってくれるのでは
ないでしょうか。
親も一緒に勉強しなければいけないと思うのです。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。