某地方ナンバースクールを目指して

2017年1月、我が息子は某地方公立中高一貫校の受検にチャレンジしましたが、願い届かず。地元の中学校から県内トップクラスの高校を目指しております。

本人は自信が無いようです。

昨日の大事件w以降、神様に頼るのではなくとにかく実力で合格を勝ち取ろうと話をしました^^;


ということで、土曜日は合格祈願のあとは塾の自習室で勉強を3時間ほどしてまいりました。
もうこの時期になってくれば、私と息子の話の中心は塾で何をやったかとか、
今日はどこ中の過去問やったのかなど、そんな会話が主になってきております。
ここまでくれば、あとは本人のやる気次第ですし、今のところはやる気オーラもバッチリ
見えているので、ほとんど口を出さない状況です^^


ただ、息子には塾のテキストの実戦編で初見で解けなかった問題は必ずチェックしておくようにと言ってあります。
受験日までの残り20日位を目安に初見で解けなかった問題は私が全てチェックし、弱点分析の最終段階に入るつもりだからです。


そして昨日は、朝から息子は志望校対策のゼミに行ってきました。
そのゼミでは、どこかの中学校の過去問を試験形式で解くということを毎回
やっており、その採点結果を順位をつけて教室内に貼り出すのです。
トップ20までの貼り出しなのですが、先週解いた過去問の成績が
息子自身も驚くTOP10入りをしていたそうなのです。
県内のゼミ受講生が60~70人だそうなのですが、その中でのTOP10入りは
私も嫁さんも大変驚きました^^
そして、今週解いた問題も速報値で塾内でトップタイの点数だったそうです。


正直、私は息子がここまで伸びるとは予想しておりませんでした。


しかし、息子は現在の自分の成績や順位がイマイチ、ピンときていないようなのです。
あの順位間違ってるんじゃないのかなぁとか、なんでだろうとか自分の成績に自信が
持てていないようなのです^^;
私と嫁さんは息子に力がついた証拠なのだと言いましたが、
自分では信じがたいみたいなのです^^;


それじゃ、ということで私は息子に言いました。


自信がないということは、自分自身でどこかに弱点があるのをわかって
いるからだと思う。だったら、自信がつくまでトコトンやろう!!





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。